Societe Ceramique Maastricht  白磁のボウル 中

オランダの古い白磁のボウルのご紹介です。本品は1900年代前期にマーストリヒトの古窯 Societe Ceramique によって製造されたものです。デザインは同じでサイズ違いになります。縁はスカラップ(波型)にデザインされていて、厚みがあり重量感があります。サラダボウルなどにちょうど良い感じです。

微妙なカトラリースクラッチや染みなどがございますが、ヒビや欠けなどは無く良好な状態です。表面の釉薬の細かいヒビが程よく入り、それがよりアンティーク感を醸し出しています。

Societe Ceramique はオランダ最古の都市マーストリヒトで生まれた古窯。ドイツとベルギーに国境を挟まれた多様な文化を持つ街でもあります。ソシエテ・セラミックは1836年にペトリュス・レゴーとほぼ同時期にマースリヒトに開窯し、1958年にペトリュス・レゴーと合併するまで長く製陶し続けました。

・Holland 1900’s前期

・サイズ 中:直径24.2cmx高さ7.2cm




型番 KT2285
在庫状況 0
購入数
Soldout