DUNKERQUE Vierzon  plate  union commerciale de Dunkerque

こちらの磁器プレートは、AH&Cie Vのマークがあり、ベルギー国境に近いダンケルクに因んだ絵柄が詳細に描かれています。

AH&Cie Vのマークは、Adolphe Hache & cie Vierzon 。
Limogesと競い合う程の大きな磁器工場を持っていた工房です。
Vierzon(ヴィエルゾン)は、フランス、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏、シェール県の州。 そこにAdolphe Hache(アドルフハチェ)により1800年前期に最大1000人の労働者を雇用する大きな磁器の工場が設立されました。工場は繁栄し、1934年まで続きます。
AH&Cie Vの緑色のスタンプは1889年から1903年頃まで使用されていたようです。

裏にFollet Dankerque のマークがありますが、おそらくこれはMaurice Follet という ダンケルクの磁器店の名前だろうとのことです。

Dankerqueの州旗と共にunion commerciale de Dunkerque「労働」といったDankerqueの地に因んだ絵柄が描かれています。
金彩も凹凸のできる程しっかりと丁寧に塗られ、絵柄のデザインも1800年後半とは思えない程の美しいプレートです。

・union commerciale de Dunkerque  AH&Cie V
・France 1800年後期〜1900年初期
・サイズ:直径23×高さ3cm

型番 KT2086-1
在庫状況 1・
販売価格
9,500円(税込)
購入数