EDGE,MALKIN & Co. アヒルと魚と花の絵柄の大皿

Burslem Staffordshire, England

バーズレムはイギリスの北方リバプールに近い街。1846年、EDGE,MALKIN はこの地で製陶工場を創業しました。以降白磁の青を使った独特のモチーフの図柄の美しい陶器を生み出しました。

“TUNIS” シリーズは19世紀後期に製造された、魚とアヒルと花の構成でデザインされた絵柄。
シノワズリーデザインの影響も見られます。ブルーは製造数も少なく非常にレアなアイテムです。

バックスタンプは、スタフォードシャーのバーズレムの “B” とエッジ・マルキンの「シッティング・ドッグ」の商標を示しています。

ついついお料理より絵柄に目がいってしまう大皿ですが、是非普段の食卓で使って頂けたらと思います。

・England 1871-1891年

・サイズ:縦22.5cmx横31cmx高さ3cm
型番 KT1886
在庫状況 0
購入数
Soldout