Bois Durci インクスタンド

Bois Durciとは、1800年代中期に発明された技法です。
木粉に牛の血液、黒色の顔料を混ぜた混合物を型に入れ成型し、加熱しながら加圧により硬化させて、硬質で緻密な光沢のある製品が作られる技法です。

櫛やパイプステム、インクスタンド、フレームなどを多く制作し、また、モーニングジュエリーの高価なジェットの代用としてアクセサリーなども制作されていました。

ベークライトの様な新しいプラスティック素材が作られる1920年頃まで、この技法による制作は続きました。

こちらは装飾のレリーフが美しいインクスタンドです。
成型して作られるためレリーフがはっきりと刻まれています。
インク瓶は付属していません。

・France 1800後期〜1900年前期
・サイズ: 縦15.5cm×横21.5cm×高さ3cm

型番 ST0595
在庫状況 0
購入数
Soldout