Lampe Berger缶  Made in France

こちらはランプ・ベルジェのバーナーやキャップなどの部品を入れておくブリキ缶。
Lampe Berger(ランプ・ベルジェ)は、パリの薬剤師 Marcel Berger(マルセル・ベルジェ)が1897年に考案したアロマエッセンスを香らせるモノ。
19世紀〜20世紀に頃、専用のガラスボトルにアロマ精油を入れ、それを燃焼させて香りを楽しんでいました。
独特な製造技術、特許を取った配合で、当時ヨーロッパで流行していた天然植物精油エッセンスを溶け込ませることに成功した商品です。

パッケージのテーブルの奥にLampe Bergerのガラスのボトルが見えます。
手前の煙草の煙はそれを緩和させる効果がありますという意味でしょうか。
昔ながらのセピアピーコックブルーのパッケージに趣のあるデザインがとても素敵です。

・フランス 1930's
・サイズ:直径6x9cmx高さ2.5cm


詳細は下記BLOGもご覧ください。
http://tsubamemarkt.jugem.jp/?eid=536



型番 OT0614
販売価格 0円(内税)
在庫数 0
SOLD OUT

About the owner

Top