CONPURA APPELSTROOP VINNTAGE TIN

アムステルダムのアンティークショップには、いろんなアンティークブリキ缶があります。
こちらは、その一角で見つけたもの。

“BETUWE”は1886年にオランダの田舎町ティールにあるジャム工場
もとは、コーヒーシロップやジャム、フルーツシロップなどを作っていたようです。
こちらはオランダの名産の林檎のシロップ缶。会社は1900年末に閉鎖されています。

オランダに行くと、いろんなところで林檎が食べれるのがうれしいですね。私も大好きです。
青空市などでは屋台の上に山積みにされた林檎をよく見かけます。2〜3個買って歩きながら食べる地元の人もたくさん見かけます。

またオランダに行ったら、アップルパイ!オランダの林檎は日本より小ぶりで酸味が強め。それを甘いシロップに漬け、パイと一緒に
焼いていきます。オランダのお家では、各家に伝わる直伝のアップルパイがあるくらいです。
カフェなどにも必ずメニューにありますので、食べ比べてみるのも楽しいですね。


赤色の渋み具合といい、、表紙の子供の絵柄といい、ロゴのレトロ感といい、錆具合もいい感じです。
50年くらい前のもので、キズやへこみなどもありますが、アンティーク装飾としてはかなりいい感じになると思います。
もちろん、現役として使っていただいても問題ありません。

とても不思議で素敵でかわいい一品です。
ビンテージの古い1点物商品ですので、現状でのお渡しとなります。

買付け地:オランダ。
サイズ:直径:9cm、高さ:7cm。 
素材:ブリキ。
生産国:オランダ。
年代:1950年代。
型番 OR005
販売価格 0円(内税)
在庫数 0
SOLD OUT

About the owner

Top