Societe Ceramique 白磁オーバルシェルプレート

Societe Ceramique Maastricht 1863-1958

オランダの東、ドイツに隣接する街マーストリヒトは、古くから古窯の街でもあります。
Societe Ceramique はマーストリヒトで生まれたオランダを代表する古窯の街で、ドイツとベルギーに挟まれ多様な文化を持つ街でもあります。
ペトリュス・レゴーは1863年にマースリヒトの製陶所として開窯しました。
Petrus Regout 、Royal Sphinx、Mosaなどと共にマーストリヒトを代表する古窯のひとつです。

本品は白磁のシェル型のオーバルプレート、刻印から1920年〜30年頃に製作された物と思われます。
表面にたっぷり上塗りされた釉薬で、全体的にしっとりした仕上がりになっています。
貫入や染みも程よく入っていて古い陶器の趣を醸し出しています。

・Netherlands 1920年-1930年代

・サイズ:縦13.2cmx横22cmx高さ3.3cm





型番 KT1715
在庫状況 0
購入数
Soldout