小物やカードを入れる木箱  Made in France 

フランスで買付けた卓上用木箱。書斎で使われていた物でしょうか。

木の材質は恐らくウォールナットかローズウッドと思われます。

上部蓋の表面には異なる木の材質、模様が嵌め込みされていて、泡や瘤のように見えることから、泡杢(あわもく)とか瘤杢(こぶもく)と呼ばれています。欅や楓、花梨などに稀に見られる木の表情で非常にめずらしい物です。



本品の内部はからくり箱のようになっていて、上蓋を開くと内部の3段のケースが立ち上がるように造られています。ケースはそれぞれ3つに区切られていて3段分で9つの区切りになります。

(幅が4〜5cm位なので名刺サイズは入りません)



使われている金物類はすべて真鍮製、正面の小さな手掛け用ツマミはアイボリー製になります。

箱の四隅の留め継ぎは「雇いざね」といって、これもとてもめずらしい留め継ぎの方法です。


・France 1940's

・サイズ:縦12cmx横21cmx高さ6.7cm




型番 OT1396
在庫状況 1・
販売価格
20,000円(内税)
購入数