KIENZLEの目覚まし時計   Made in Germany

ドイツのキンツレー社によって1950年頃に製造されたゼンマイ式目覚まし時計。

ピーコックグリーン色のボディに金色のフレーム、フェースはホワイト、

フェイス部分の針と数字部分には蛍光塗料が塗られています。

上部にある小さな目盛りは目覚まし用、下部のは秒針になります。



KIENZLE(キンツレー)社は1822年にドイツ、シュヴェニンゲン(Schwenningen)で設立された時計メーカー。
設立当初よりユンハウスと共にドイツ最古の時計メーカーのひとつ。共に現在もその精度の高さが維持されています。
こちらはREPEAT ALARMというシリーズ。1950年代頃の物と思われます。

背部には本体の時刻とベルのゼンマイ巻き金具、目覚ましの時刻合わせ用ツマミ、それから半月形の部分は時間合わせに微調整ツマミが付いています。どれもちゃんと使えます。

一度ゼンマイをフルに巻くと1日半(約50h)程稼働します。


・Germany 1950年代頃

・サイズ:横95mmx奥行55mmx高さ95mm




型番 OT1207
在庫状況 0
購入数
Soldout