神の子羊と天使のコラージュ額装

AGNUS DEI(神の子羊)と4人の天使のコラージュの額装です。
「神の子羊」は、イエスキリストを指す表現のひとつとされ、信心具として良く用いられています。
AGNUS DEIを身近に置くと罪の赦しを得られ、災難から逃れられると信じられています。

前脚の間に十字架を挟んだ姿の子羊。
その周りには聖書の一節 "ecce agnus dei qui tollit peccata mundi"(見よ、世の罪を取り除く神の子羊だ)の文字が彫られています。
裏側からは光を取り入れられるようになっていて、浮彫りされた子羊や文字が透かして見られるようになっています。
子羊の下にはLEO XIII(教皇レオ13世)の文字。(19世紀最後の教皇)
この教皇にまつわる何らかの記念日に作られたAGNUS DEIだと思われます。

AGNUS DEIの周りは金色の紐と紙細工で細かく装飾を施しています。

その周りに紙製の可愛らしい4人の天使の姿。
こちらもAGNUS DEIと同じく、立体的になるよう、細工がしてあります。
一番下の星形は、残念ながら剥がれてしまっています。
AGNUS DEI本体は、周りよりも古い時期に造られ、信心具として用いた蝋製のAGNUS DEIを、後に紙細工やベルベットの布でコラージュし、
額装したものと思われます。
宗教に関連したものはあまり持ち帰らない当店ですが、ベルベットの地の褪せた色味と4人の天使の可愛らしさ、子羊の神々しさに魅了され、
持ち帰った逸品です。


・買付け地 France  推定1900年代前期
・縦20×横18×厚さ2cm  (AGNUS DEI本体:縦6.5×横5.5cm)






型番 ST0555
在庫状況 1・
販売価格
20,000円(内税)
購入数