Brulot ブリュロ C&S 中 薄いブルーライン  Made in France

ブリュロは19世紀、主に北フランスのカフェやビストロで生まれました。
ブリュロは陶器製で肉厚のあるとても重いカップ。

冬、南仏と違って寒さの厳しい北フランスの地で生まれました。
寒い冬の日に熱いコーヒーを冷まさず飲むために工夫されたモノと云われています。

カフェを出る前、カップを逆さにして底のくぼみの所にリキュールを注いで、体を温めて寒い外に出るというのが習わしだったそうです。寒い地で体を温めるための知恵だったのでしょうね。

今回も数点のブリュロを買付けて参りました。ソーサー付きの物、カップだけの物など色々なデザインの物を見つけて来ました。年代はどれも1800年代後期〜1900年代初頭の物です。貫入やヒビ等も多くみられますがどれもとても味わいのある一品です。

本品はカップ&ソーサーのセットになります。
同じブルー系ですが、こちらの方は淡いブルー色に黒色の細いラインが入っています。
持ち手の所にブリュロによく見られる(青い)ドットのデザインが施されています。

1900年代初頭のフランスの物で、貫入やヒビ等も散見されますがとても味わいのある一品です。
これからの季節、あったかいコーヒーを湧かして100年以上前のブリュロで飲むなんてのもいいかも。。。

・France 1900's初頭

・サイズ:カップ直径7.9xH8.5cm、ソーサー直径13.4cm



型番 KT1499
在庫状況 1・
販売価格
6,500円(内税)
購入数