木製インクウェルスタンド ガラスのインクポット2個付                  Made in England

インクウェル(INKWELL)とは万年筆(当時は羽ペンでしょうか)などで用いるインク壺のこと。

文字を書く事には古い歴史がありますが、インク壺はその為には必需品でした。

歴史的には16世紀のイギリスを発端に色々な形や素材のインクウェルがあるようです。

当時は学校の机に穴が掘られていて、そこにインク壺を入れて使うなんて学習机もあったようです。

本品は1900年代前期のイギリスのインクウェルスタンド。

ブルーとレッドのインク壺が2個付いています。木の素材は古いイギリスらしいオーク材でしょうか。

作った会社はよく解りませんでしたが、ガラスのインク壺には、A.Schneider と掘り込まれています。

ガラスの表面には当時のアール・ヌーヴォーのデザインの植物が描かれています。


それぞれインク壺は蓋付きで手前のアール部分はペン置きになっています。

片方のガラスはヒビが入っていたので、応急処置をしてインク漏れはしないようにはしてあります。

インクペンやガラスペン、吸い込み式万年筆を使われる方にはオススメの一品です。


・England 1900年代前期

・サイズ:縦13.5cmx横22cmx高さ6.7cm

※詳細はブログもご覧ください
 http://tsubamemarkt.jugem.jp/?eid=1095






型番 ST0539
在庫状況 1・
販売価格
20,000円(内税)
購入数