グリーン色 ウラングラス


切子細工とエッチングが施された素敵なウラングラスです。

ウランガラスは、1830年代にボヘミヤ(現在のチェコ西部)でガラスにウランを混ぜて、黄や緑の発色を放つガラスが製造されたのが起源と云われています。
元は黄色のガラスを作る時、その発色を得るための鉱物がウランだったことからウランガラスが製作されたそうです。
ウラングラスは紫外線を当てると緑色に妖しく輝き蛍光を発する。ブラックライトでも可。
この蛍光現象は当時は偶然見出された現象だったそうです。

ウランガラスのコレクターは世界中にいます。

現在では勿論ウランは個人で取り扱うことは出来ないので、市場で出回っているモノは殆どアンティークなモノになります。


ブラックライトで照らすと本当に美しくなります。



・フランス 1920年代
・サイズ:直径6傳高さ11.5

型番 KT1108
在庫状況 2・
販売価格
5,000円(内税)
購入数